火災保険の対象外となる雨漏りとは

厄介な住いのトラブルのひとつに雨漏りがあります。

天井にシミができていたり、大雨の後にカビ臭いという症状がある場合は、すでに雨漏りが起こっている可能性があります。

屋根全体の修繕が必要となる場合は、費用がかなり高額となるため、すぐにポンと出せるものでもありません。

しかし、雨漏りの原因が台風などの自然災害である場合は、火災保険が適用される可能性があります。



保険の対象となるならぜひ利用したいところですが、すべての場合に保険が適用されるわけではありません。
保険が適用されないケースについても詳しく知っておきましょう。

火災保険が適用されるのは、風災、雪災、ひょう災などや外部からの飛来物による被害の場合です。



火災保険の対象外となるケースの代表的なものは経年劣化による場合です。

時間の経過によって建物が消耗し、老朽化することで雨漏りが発生した場合は、保険は適用されません。


たとえ風災などが原因の場合でも、長期間経過すると、原因の特定が難しくなるため、経年劣化によるものだと判断されてしまうことがあります。
そのため、被害にあった場合はすぐに原因を調査して保険の申請をする必要があります。

また、地震による被害の場合も火災保険は適用されません。

地震・津波・噴火による被害は保証の対象外となります。
地震被害の補償を受けるためには地震保険に加入する必要があります。



雨漏りの原因はさまざまで、素人には判断ができません。


補償の対象となるのか判断が難しい場合は専門の調査会社に調査を依頼しましょう。