火災保険を使った雨漏り修理は悪徳業者に注意が必要

日本はもともと雨の多い国ですが、近年はゲリラ豪雨や強烈な台風などによる豪雨の機会が増えてきています。



それによって急に雨漏りが見つかったということも多いのではないでしょうか。

放置しておくと木材の腐食が進み、建物の耐久性が低くなる可能性があるので、早めの対処が必要です。



しかし、雨漏りの修繕費用は、高額になることもあるので、支払えないからとそのままにしている人も多いようです。

そこで注目されているのが火災保険です。

最近では火災保険を使えば雨漏り修理が自己負担ゼロでできるということが知られてきています。



しかし、内容をよく知らないと悪質な業者のリフォーム詐欺に合う可能性があるので注意が必要です。

リフォーム詐欺・保険金詐欺の手口は「修理には火災保険が使える」と売りこんで、実際には必要のない修理まで行い高額な修理費を請求したり、経年劣化を災害によるものだと見せかけて保険金を受け取ろうとするというものです。契約をせかす業者やゲリラ豪雨などのあとに飛び込みで「屋根の無料調査」をうたって営業してくる業者には気を付けましょう。


雨漏りで火災保険が適用されるのは、台風による強風などが原因で屋根瓦が飛んでしまったり、飛来物によって屋根や外壁が損傷を受けた場合です。
建物の経年劣化による雨漏りの場合は保険の対象外となります。


正しい知識を身に付けて、悪徳業者から身を守りましょう。

火災保険が適用されるかどうか知りたい場合は、信頼できる業者に調査を依頼する必要があります。