雨漏りを火災保険で直す事はできるのか

住宅を建築したり、住宅を購入する場面では火災保険に加入することになります。



火災保険に加入をするのは決して義務というわけではありません。任意で加入しているのです。



ただ、普通は不動産会社に住宅についてお願いをしたり、工務店やハウスメーカーにお願いをするときには、自動的に諸費用に含まれていますので、それを断固として拒否しない限り保険には加入することになります。
保険に加入する場合には、基本的には火災や落雷、雹害などの被害を受けたときに適用されることになります。

水害や盗難被害に遭ったときの補償はオプションに加入することで補償の対象になります。



地震が原因で火災が発生した場合、いくら火災保険に入っていても補償されることはありません別途国が運営している地震保険に加入をするしかないのです。


火災保険はその他さまざまな所に適用されます。

交通事故に遭った場合や自転車で転んで怪我をした場合でも火災保険が適用される場合があるのです。


あまり知られていないものに、雨漏りが保険で直せると言うのがあります。雨漏りは通常家屋の保険に入っていないと直す事はできず、火災の保険では無理ではないかと思われますが、実はそんなことはなく、普通に適用されます。


ただ、実際に保険が満額適用されるかと言えば、それは素人が対応しても難しいです。

保険について詳しい業者にお願いをして見るのがいいでしょう。

実際それで、雨漏りの時に満額保険が適用された例は少なくありません。